遺留分

遺留分とは

 遺言者は、遺言等によって、自由に、財産を分配できるのが原則です。
 しかし、遺言者と一定の親族関係にあるものは、遺言者の死後、遺言者の財産によって、生活することを期待することがあります。つまり、遺言者の亡くなったのち、遺言者の配偶者、子供、親の生活を保障するため、配偶者、子供、親には遺言者の遺言によっても奪えない、法律上の権利(民法1028条)として、一定の遺留分が法律上認められているのです

遺留分を侵害する遺言は有効なのですが、ただ遺留分の権利を有する相続人に遺留分を侵害した他の相続人に遺留分を返せと請求ができるのです


 ここで注意しなくてはならないことは、兄弟姉妹には、遺留分は認められていません。法は、亡くなった人の兄弟に対する生活を保障するまでの必要はないとの態度なのです。