合同会社

 株式会社は、会社を経営している人と、会社の所有者である株主が異なる人であるとの原則があります。所有と経営の分離です。しかしながら、もともとの原則と異なり、多くの中小企業では、会社の経営者である代表取締役と、株主が同じ人であるかことが多くあります。

 合同会社制度は、原則的に所有者である人と、経営者である人が同一である制度なのです。そのため、株式会社と異なり、合同会社のことは、原則的に法律でなく定款に定めたとおりに運営できるという定款自治が認めらています。会社の運営でも株式会社では、1株1議決権であるのすが、合同会社では、1人1議決権で運営されています。